本文へスキップ

NPO法人 茨城県防災士会

茨城県防災士会

 NPO法人 茨城県防災士会は,「自助」「共助」「協働」の原則に則り、会員のネットワークを構築し、防災士としての活動と技術研鑽を支援することを目的とした団体です。
防災意識の普及・啓発活動、災害被災地への支援活動、防災・減災のために活動する団体を支援する活動を通じて、地域防災力向上のリーダーにふさわしい防災知識の修得や技能の研鑽に努めております。
 茨城県防災士会は、会員相互の交流と親睦を図り、一人一人のスキルアップと地域防災力の向上をめざす団体です。


防災士とは


「自助」「共助」「協働」を原則として、社会の様々な場で防災力を高める活動が期待され、そのための十分な知識と一定の知識・技能を修得したことを、日本防災士機構が認証した人です。



防災士の基本理念


@自助 ー 自分の命は自分で守る。

 自分の安全は自分で守るのが防災の基本です。災害時に命を失ったり、大けがをしてしまったら家族や隣人を助けたり、防災士としての活動をすることもできません。
 まず、自分の身を守るために日頃から身のまわりの備えを行い、防災・減災に関する知識と技術を習得し、絶えずスキルアップに努めます。

A共助 ー 地域・職場で助け合い、被害拡大を防ぐ。

 個々の人の力には限界があります。地域・職場の防災力を高めるため、日頃から近隣はもとより、地域の職場の人たちと協力して、防災・減災のための啓発活動に努めます。
災害の発生規模が大きければ大きいほど、公的な救援活動はすぐに期待できないことも多く、その地域の人が手を取り合って、自分たちの手で救助・応急活動を実施しなければなりません。
防災士はそれぞれの現場の状況に対応してリーダーシップを発揮し、その活動の中核となることが期待されます。
まわりの安全が確保され余裕があれば、進んで地域・職場で救援・救護活動に取り組みます。

B協働 ー 市民、企業、自治体、防災機関等が協力して活動する。

 日頃から、地域の防災コミュニティーの形成に積極的に参加し、防災・減災に関わる多様な組織、団体との連携を心掛けるとともに、地域に密着した防災意識の啓発、防災訓練等の活動を通じて、お互いの顔の見える関係をつくり上げ、災害に対する事前の備えがある地域社会づくりに貢献します。
 また、大規模災害被災地への救援・支援活動については、「助け合いの精神」のもと、可能な範囲で同志を募り、ボランティア活動を行うことが期待されます。

※防災士の活動理念は、特定非営利活動法人日本防災士機構発行「防災士教本」より引用しています。


新着情報

2021年7月21日
令和3年度安全教育指導者研修 実施要綱はこちらから。
加瀬理事長作成の「学校における防災対策について」はこちらから。日本防災士会のホームページはこちらから。
2021年5月20日
災害対策基本法が改正され令和3年5月20日から施行されまさた、避難にかかわるこですのでこちらから詳細をご覧ください。        
2021年5月15日
茨城県防災士会総会が開催され、令和2年度の事業報告、決算報告、令和3年度事業計画、予算案が承認されました。また、新体制については茨城防災士会についてをご確認ください。